2012年03月05日

一体改革、3段階で法案提出=年金一元化は4月以降―野田首相ってなんだか、行きますか!

それでは、昨日のご案内はどうでしょうか?
まあ、平凡で普遍ってのもいいかもね。
国家財政って言うものを表記してよかったです。

☆★☆

一体改革、3段階で法案提出=年金一元化は4月以降―野田首相
時事通信 2月29日(水)20時35分配信

野田佳彦首相は29日の党首討論で、社会保障と税の一体改革の関連法案について、3段階に分けて今国会に提出することを明らかにした。政府は2012年度予算関連法案として、年金交付国債発行のための国民年金法改正案を既に提出。3月には消費増税関連法案を提出する方針で、被用者年金一元化法案などの提出は4月以降にずれ込む見通しだ。

首相は、消費増税関連法案について「年度内に法案を提出する」と強調。幼稚園と保育所の機能を一体化した「総合こども園」の創設などを柱とする子ども・子育て新システム関連法案について、「同時に提出する準備をしている」と説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000130-jij-pol

★☆★

つづきは又のお楽しみ!
後々も、後押ししてもらいたい!
ダンケ。


現在、今後の方向を決めようとすると、なかなか予測がつかない状況です。パソコンを開くと、それらの傾向が大きくなっているのがわかります。一例を上げると、現金化・比較現金化・分割払い、また現金化・比較キャッシング・枠などといった調べ方が出ています。以上のような検索キーワードが、今現在の社会状況を反映させているいるといってよいかもしれません。そして、最近では現金化・比較キャッシング・枠、また現金化・還元率現金化・借入れなども検索回数が増えてきています。このように、社会の変化の一端が現れてきています。
今の耳学問
いまの常識
昨日の俗学
posted by ひよりtbp6 at 10:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。